子育て施設様向け特設ページ

ホーム > 子育て施設様向け特設ページ > 園長インタビュー

セミナー・イベント

園長インタビュー

『園内を木質化された』2人の園長先生にインタビュー

どろんこ保育園 五藤園長安立保育園 本山園長

園内を木質化されたきっかけは何ですか?

13年間「有機」と「はだし」にこだわって保育を行ってきましたが、特に素足と木の関係は子どもたちの成長にとって大切と考えています。分園新設にあたり、規模が小さく諦めていたところ、東野材木店さんが訪ねて下さり、私たちにも使える補助金なんだとわかり、木質化を決めました。

子どもたちを木に触れさせたいとの思いから、5年程前にテラスの木質化を考えましたが、当時の業者さんの見積りが高く諦めていました。そんな時、東野材木店さんに声をかけてもらい、大阪府から補助金が出るということで、お願いすることにしました。

木質化に対するご心配事はありましたか?

木質化するのは費用が高いだろうなぁと思っていました(笑)。それと、大切に使っていく中でついてしまうキズや汚れはこどもたちが生活している勲章なので風合いの一つしてとらえていますが、正直に言うと、床のメンテナンスは気になっています

もともと木は良いものという考えがあり、木質化に対する心配は、あまりありませんでした。
ただ、夏場はテラスの上で毎日のように水遊びやプールをするので、『すべらないか』それだけが心配でした。

完成後の園児さん、先生方、保護者さんの反応は?

一番喜ばれているのは保護者です。木の床の上で遊んでいるのを想像するだけでも嬉しいとおっしゃいます。子供たちは木の床に、体をべったりとくっつけて寝ています。木の床でしか出来ないですよね!! 先生たちからも、香りがよく安心感があり落ち着くと聞いています。

子どもが泣いている時は、テラスに出て落ち着かせてから遊んだり、ランチやイベントで使用するなど、それまでデッドスペースだったテラスを有効利用できるようになりました。子どもたちは「ここに住みたい」と言う子どもがいるぐらい気持ちいい場所としてとても気に入っています。先生たちも檜の香りを毎日楽しんでいます。

木育保育へのご感想をお聞かせください。

いいですよね~。子どもたちにとって大工さんの仕事を間近で見られた
事が一番面白かったみたい
です!! 普段はメディア漬けの子供たちが
木と出会う事で何か作りたいと興味を持ってくれました。今後は、のこぎりなど少し危ないことにも、計画は緻密に行動は大胆に、年齢に応じた木との触れ合い方で、色んな体験をさせてあげたいと思います。

東野材木店さんの木育保育は、子どもの心にストンと落ちる感じがします。今後もずっと続けていってほしいです。
1年に何度か来て欲しいくらいですね(笑)。5歳児には釘打ち体験もして欲しい!


どろんこ保育園さまへメッセージ

どろんこ保育園さまへメッセージいつもエネルギッシュな五藤先生 この度はありがとうございました。木や木育保育への熱い想いは私達も多くの事を学ばせて頂きました。今回はひのきの質感や風合いを損なわないように天然オイルを塗布しております。
メンテナンスは容易に行えますので「はだし」×「おおさか檜」をご満喫下さい!!

安立保育園さまへメッセージ

安立保育園さまへメッセージいつも笑顔いっぱいの本山先生 この度はありがとうございました。工事中は園児さんに大きな声で応援して頂き、楽しく現場を進める事ができました(笑)。木は水に濡れると大変すべりやすくなる素材です。目には見えませんが表面には、安心・安全の自然塗料のすべり止めを塗布しておりますので、安心して夏場の水遊びをお楽しみ下さい!!

 

説明会のお申込・お問い合わせはこちらから

このページの上部へ